東京 口臭治療 渋谷 歯科東京|いびき・口臭治療が得意な歯医者です。渋谷駅徒歩3分 東京都渋谷区道玄坂2丁目29-19 関口ビル4F

渋谷駅道玄坂内  インプラント 伊波歯科歯科医院 

よくある質問

ホワイトングQ&A

虫歯もないから、削ってきれいな歯にするのは抵抗が…。
虫歯もなく、削ること無しで白い歯にするのは、ホワイトニングが適しています。歯並びで特に問題がなければ、医院とご自宅とで集中的にトリートメントが行えるパワーホワイトニングはいかがでしょうか?

歯を白くするには市販の研磨剤入りの歯磨き粉ではダメなの?
歯自体の色というのは、表面のエナメル質ではなく内部の象牙質が透けているので、生まれつき象牙質が白くない方の場合はいくら透明なエナメル質を研磨しても白くならないわけです。研摩という性質上エナメル質が削られてしまうので、歯にとっても良くないのです。歯科で使うホワイトニング材は歯を漂白するタイプのものですから、当然痛みもなく、さ程のストレスもなく白い歯を手に入れられます。

インプラント治療Q&A

顎の骨に金属を埋め込んでも身体に害はないのですか?
使用する金属は、生体となじみ易く、腐食しないチタンを使用していますので安全です。

インプラントはどれ位(寿命)持ちますか?
インプラント自体は錆びたり変質したりすることなく半永久的です。しかし一人一人の身体同様、それぞれ異なります。特に口の中の手入れは寿命に影響します。

レーザー治療Q&A

虫歯の予防はできますか
虫歯になりやすい個所にレーザーを照射します。これによって歯の耐酸性が向上し、虫歯になりにくい歯をつくることができます。

口を大きく開けると痛いのですが
口を大きく開けると痛い、口が大きく開けられないといった症状はアゴの関節に原因があります。レーザーをアゴの関節に照射することによって、アゴの痛みなどの症状を軽減できます。

口臭治療Q&A

口臭外来を受診する前から、何かしておくことはありますか?
一週間前からの生活調査表の記入をお願いします。これは、患者様の口臭の原因を究明し、治療への道しるべになります。面倒と思ったり、患者様の思い込みで必要無いと判断されずに、記入をお願い致します。

私は明らかに他の人よりも特に口臭が強いと思います。色々な医院でもチェックして貰ったけど、異常無いって言われます。他とは違うと思うので、口臭外来を受診しても治らないと思うのですが。
大丈夫ですよ。心配されなくて良いです。当院は、自臭症、他臭症、仮面他臭症などの全ての口臭に対応しております。また、様々な測定器、官能検査、歯周病検査、舌診を駆使して原因を究明して、治療方針を立てて行きます。

いびき治療Q&A

スリープスプリントってどんな治療ですか?
寝るときに、下の顎を少し前方に突き出させるように工夫したマウスピースを口に入れてお休みになる方法です。この装置を入れることで、のどの気道(空気の通り道)がひろがって、いびきや無呼吸がなくなるのです。

スリープスプリント治療の長所は?
お口の中に入るほどの大きさですから、出張や旅行に携帯することができます。また、丈夫なプラスチック加工ですから、何年もご使用になれます。

その他Q&A

他の歯医者さんで、歯を抜いた方が良いと言われたのですが…。
歯はすべて大切なものです。特に永久歯は一度抜いてしまうと二度と生えてきませんので、当院ではできるだけ抜かない治療方針を立てています。確かに現代人の多くは顔全体が細く、あごの発育が悪いため歯を抜くケースが増えてきております。しかし、治療方法の進歩により抜かなくても大丈夫な場合もございます。大切な歯を失う前に、まずはご相談下さい。

上手な歯磨きの方法を教えて下さい。
ごく初期の症状を除き、一般的には他の病気と違い、人間の身体がもっている自然治癒力で治ることはありません。ですから、まずは虫歯にならないように予防することが何よりも大切です。歯と口腔内の状態を良好に保つことも歯科医院の仕事です。
虫歯は治療しないと治りませんか?
毎日行う歯磨きだけに、患者さんおひとりおひとりの磨き方には、クセがあるものです。間違った方法で毎日同じように磨いていると、キレイに磨けていない部分が残ってしまい、それが虫歯の原因になります。当院では症状や習慣に合わせたブラッシングの方法も、専門家が分かりやすく指導しております。
定期検診にはどれくらいの期間をおけばよいのでしょうか?
口腔内の衛生状態によって異なります例えば歯周病の場合であれば、再発をふせぐためには一般的に3ヶ月検診が望ましいとされています。原因を除去することによって歯周病は改善しますが、再発の危険性が高いためメンテナンスが不可欠とされるからです。ただし、歯周病のリスクの低い方で虫歯予防であれば、通常の6ヶ月検診で充分だと思います。
歯の色が気になるのですが…
本来、歯は「真っ白い」ものではありません。もちろん個人差はありますが、透明感あるエナメル質が表面を覆い、その内側にタンパク質を多く含む象牙質という層が黄色味をおびているため、少し黄色味がかかっている程度なら気にすることはないでしょう。ただし、他の子に比べ、あるいは他の歯に比べて明らかに色がおかしいときには、ご相談をお勧めします。
知覚過敏症って何ですか?
温度や乾燥、化学物質などの刺激により、歯に短く鋭い痛みを感じる症状を言います。外来刺激(冷水刺激・摩擦刺激等)による象牙細管内の組織液の移動が歯髄に伝わり、痛みを感じると考えられるため、象牙細管内と表面を封鎖する治療が一般的です。
治療した歯はどれくらい保つの?
残念ながら、治療後、二度と病気にかからないようにする治療は、今のところありません。病気が再発しないようにするためには、お口の状態を清潔に保つことと、治療後のメンテナンスが重要です。そのため、治療と平行して日常生活における予防法についての指導や、定期検診の重要性を機会のあるごとにご説明させて頂いております。歯を長持ちさせるためには、患者様と医師とが一体となって治療に当たることが重要なのです。
「プラークコントロール」って何ですか?
プラークとは食べ物の残りカスが歯の表面に付着し、種々の細菌が繁殖した塊のことです。プラークコントロールとは、むし歯や歯周病の原因となるプラークを除去することによって病気を予防することを言います。
歯ぎしりがひどいと言われます。
歯ぎしりが長時間続くと、歯を支えている歯周組織にダメージを与えることになります。程度にもよりますが、一度歯科医院にご相談してみてはいかがでしょうか?

案内/東京 口臭治療 渋谷&歯科

PAGE TOP